イギリス次世代のポップ・クイーン Dua Lipa、ニューシングル「Swan Song」のMV公開!

Dua Lipa

イギリス次世代のポップ・クイーン (デュア・リパ) がニューシングル「Swan Song」のミュージックビデオを公開!この曲はアメリカのサイバーパンク・アクション映画『Alita: Battle Angel (アリータ: バトル・エンジェル)』のサントラ収録曲となっている。2019年度グラミー賞において主要部門「最優秀新人賞」含む2部門にノミネート、また、2019年度ブリット・アワードにおいては主要4部門でノミネートされている世界的ポップ・アーティスト、デュア・リパが最新シングル「Swan Song」とそのオフィシャル・ミュージック・ビデオを公開した。

この楽曲は2月22日(金)に日本公開予定の20世紀フォックス社新作SF映画『アリータ:バトル・エンジェル』の主題歌となる。同映画は、ジェームズ・キャメロンとジョン・ランドー(『アバター』)が製作を手がけ、ロバート・ロドリゲス(『シン・シティ』)が監督を務めた、“超進化”スペクタクル・アドベンチャー。フロリア・シギスモンディがディレクションを務める「スワン・ソング」のミュージックビデオは、映画の舞台でもある、荒廃した架空の街“アイアン・シティ”でストーリーが繰り広げられる。

フロリアはこのミュージック・ビデオについて「映画でアリータは自分が誰なのかを探求する旅に出るの。そんな彼女のストーリーは、まだ自分の可能性に気づいていない現実の女の子たちに対する寓喩でもあるわ。私はアリータの世界にデュアを投じることによって、彼女や私たちも自分が気づいている以上に強い女性なんだということをストーリーを通して伝えたかったの。
と語っている。新曲「Swan Song」は、Dua Lipa と共に、ジャスティン・トランター、ケネディ・ライケン、マティアス・ラーソン、ロビン・フレドリックソン、そしてトム・ホルケンボーグが楽曲制作に参加。

デュアは2018年度 Spotify で最も聞かれた女性・アーティストに輝いており、世界的ヒットシングル「ニュー・ルールズ」は女性のパワー・アンセムとして Billboard ポップ・ソング・チャートに最も長くランキングした曲として記録を塗り替えている。2018年のブリット・アワードでは、British Breakthrough Act や British Female Solo Artist を受賞し、女性アーティストとしては史上初となる5部門にノミネートの快挙を果たした。カルヴィン・ハリスとコラボレーションを果たしたシングル・トラック「ワン・キス」は2018年最も売れたヒット・シングルとなり、アジアの大人気ガールズ・グループ BLACKPINK とのコラボレーションを果たした「キス・アンド・メイク・アップ」が日本でも大ヒット中。現在に至るまで、デュアは合計シングル売上4,000万枚、合計アルバム売上3,400万枚と驚異的な数字を叩き出している。