NY出身の新たなポップアイコン、GUS DAPPERTON がニューシングル「World Class Cinema」のMVを公開!

GUS DAPPERTON

キング・クルール、J・ディラ、マック・デマルコ、ニュー・オーダーらに影響を受けたNY出身の新たなポップアイコン、 (ガス・ダパートン) がニューシングル「World Class Cinema」のMVを公開!海外ではi-D、Vogue、The Fader、Pigeons & Planes、Nylonといった様々なメディアから支持を受け、早耳のリスナーからは既に注目を集めているガス・ダパートンが新曲「World Class Cinema」のMVを公開した。映画好きは思わず反応するであろう、様々なオマージュが込められたMVとなっている。

ガス・ダパートンのような、シーンを作っていく者たちが、期待通りのサウンドや見た目になることはそうそうない。特徴的な髪型とファッションに、パールのイヤリング。ガス・ダパートンは、ウェス・アンダーソンでさえ書いたことのない最高のキャラクターを思い起こさせる。そして同時に、ソウルフルで人を惹きつけてやまない声を通して、夢を想起させるサウンドを響かせる。具体的にはまだわからなくても、誰だって、ポップ、オルタナティヴ、インディーのムズムズするような余波は覚えているだろう。ニューヨーク州ワーウィック出身(人口は約32,065名)の彼が、ポップ・ミュージックの最前線に躍り出たのは、「Prune, You Talk Funny」「I’m Just Snacking」といった曲のリリースがきっかけだった。そして、その後もガス・ダパートンの楽曲はドラマ、『13 Reasons Why 邦題:13の理由』のシーズン2のサウンドトラックに収録され、1年未満の間に1億回近いストリーミングの回数を記録した。Spotifyでは毎月約100万人のリスナーを獲得し、世界中でショーをソールドアウトさせ、ファッションの世界からも大きな注目を集めている。

“ガス・ダパートン:ロックスターのイメージを塗り替える者”
– Pigeons and Planes

“インディー・ポップにおける大事件、ガス・ダパートンは奇妙なファッションのワードローブをぶち壊した”
– Vogue

“ガス・ダパートンはEP『You Think You’re a Comic』で我々の日常を救ってくれた”
– MTV

“ガス・ダパートンは近年USから出て来た中でも、最もエッジーなソングライターの一人だろう”
– Dazed