Primus、3年振りとなるニューアルバム『The Desaturating Seven』を 9/29 リリース決定!

Primus

天才ベーシストのレス・クレイプールがフロントマンを務める、米サン・フランシスコ出身の超絶ミクスチャー・ロックバンド Primus (プライマス) が3年振りとなるニューアルバム『The Desaturating Seven』を ATO から 9/29 リリースが決定!先行シングル「The Seven」の試聴が開始されました。バンドは2014年に映画『夢のチョコレート工場(原題:Willy Wonka & the Chocolate Factory)』をテーマにした企画アルバム『プライマス&ザ・チョコレート・ファクトリー・ウィズ・ザ・ファンガイ・アンサンブル』を発表し、その後は各メンバーがそれぞれ個人活動を行ってきた。中でも注目を集めたのはレスとショーン・レノンによる新バンド、ザ・クレイプール・レノン・デリリウムで、2016年夏に『モノリス・オブ・フォノス』でアルバム・デビューを果たした。

プライマスにとって9作目となるオリジナル・スタジオアルバムとなる本作『ザ・ディサチュレーティング・セヴン』は、レス・クレイプール(ヴォーカル、ベース)、ラリー・ラロンデ(ギター)、ティム・アレキサンダー(ドラム)という1995年発表の全米8位獲得作『テイルズ・フロム・ザ・パンチボール』以来の黄金期ラインナップで制作された。本作はイタリアの作家・画家ウル・デ・リコの絵本『(原題:The Rainbow Goblins)』のストーリーに影響を受けており、レスはその絵本やコンセプトについて次のように語っている。

「何年も前のことだけど、子供たちがまだ小さい頃に俺のカミさんが毎晩のように『虹伝説』という絵本を読みきかせてあげていたんだ。その本の暗さと芸術的な美しさには瞬時に心奪われて、これは音楽にとっての良い飼料になるって思ったんだ。絵と文章両方に言えることなんだけど、色使いと暗さが圧倒的なんだよ。あれから20年近く経った今、そこに込められていた“欲、暴食、偽り対大衆の結束”という比喩が、不気味なほどに現実味を帯びたんだ。その思いをプライマスのみんなに伝えたら、みんなも興味を持ってくれた。それに、そろそろゴブリン・ロックが復活すべき時じゃないかとも思ったんだ」

■リリース情報
アーティスト:Primus(プライマス)
タイトル:The Desaturating Seven (ザ・ディサチュレーティング・セヴン)
レーベル:ATO / Hostess
発売日:2017年9月29日(金)
tracklist:
1. The Valley
2. The Seven
3. The Trek
4. The Scheme
5. The Dream
6. The Storm
7. The Ends?

Woodstock 1994
Woodstock 1994

posted with amazlet at 17.08.01
Primus
Sonic Boom (2017-03-17)
売り上げランキング: 239,426