米プロヴィデンスのポリティカル・パンクバンド Downtown Boys、サードアルバム『Cost of Living』を Sub Pop から 8/11 リリースが決定!

ローリング・ストーン誌が “アメリカで最もエキサイティングなパンク・バンド” と評した、米プロヴィデンス出身の6人組ポリティカル・パンクバンド (ダウンタウン・ボーイズ)、Fugazi のガイ・ピッチオットのプロデュースによる Sub Pop 移籍第一弾となるサードアルバムを 8/11 リリース!先行シングル「A Wall」、「Lips That Bite」の試聴が開始されました。

「Somos Chulas (No Somos Pendejas)」のMVが公開!

COST OF LIVING
COST OF LIVING

posted with amazlet at 17.08.07
DOWNTOWN BOYS
OCTAVE/SUB POP (2017-08-11)