D.A.N. がアルバム振りとなる今年最後に新曲「SSWB」を 12/23 より配信限定でリリースが開始!

2016.12.23

D.A.N. がアルバム振りとなる今年最後に新曲「SSWB」を 12/23 より配信限定でリリースが開始!2016年インディーズシーンの中で絶対的な評価を得た D.A.N. の1st album『D.A.N.』。あれから8ヶ月。今年最後に新曲「SSWB」を本日12/23より配信限定で解禁します。レコーディングエンジニアに半野喜弘、Jazztronik、大橋トリオなどを手掛ける早乙女正雄氏を迎え、ミックスエンジニアにAOKI takamasa、そしてマスタリングを砂原良徳が手がけ完成させた8分に及ぶ大作。また11月にリリースした12inchヴァイナルに収録された、Albino SoundによるRemix2曲をカップリングした全3曲のニューシングルです。同日解禁の「SSWB」のMUSIC VIDEOは映像作家・石田悠介による作品で、東京の夜を舞台に若者たちが過ごす一夜を描いています。

TEXT by 河村祐介

ああ、ニクい、またもやこんな楽曲を作るなんてニクすぎるにもほどがあるぞ。2016年、1stアルバム『D.A.N.』をリリースし、インディ・ロック・シーンのみならず、幅広いリスナーやアーティストから賛辞を得たD.A.N.。まさに2016年の音楽シーンを象徴する存在、いや事件でしょう。そんな彼らが1stアルバム以来の次の一手、初の新録曲をリリースする。

すでにリリース直後のワンマン・ライヴあたりから演奏され、フジロックのステージでも披露されたこの楽曲──ライヴに足繁く通うファンの間ではすでにおなじみの楽曲が待望のリリース。ぶあつい市川仁也のベースと、タイト&グルーヴィーな川上輝のドラミング、そして小林うてな(サポート)による夏の追憶を誘うスティール・パン。

スリリングなリズムのせめぎ合いが作り出すループは、ダビーなディープ・ハウス・グルーヴを紡ぎ出す。櫻木大悟による歌と言葉が、夏の日の向こう側に消える、甘酸っぱい白昼夢を出現させる。いまや日本のインディ・ロック・シーンのなかで、ポスト・J・ディラ・ビート、ポスト・インディR&Bといったグルーヴはもはや珍しくもなんともない、彼らはそうした借り物のスタイルを、さらりと越えた向こう側にすでにいる。自らの血肉と化したリズムが、D.A.N.のグルーヴを生み出している。

そして、そのグルーヴはまた歌とともにあるのが彼らのサウンドと言えるだろう。この曲はまさにそんな彼らの「いま」が結晶化された作品だ。ミキシングは世界的にも高い評価を受けるテクノ・アーティスト、AOKI takamasa、そしてマスタリングを砂原良徳が手がける鉄壁の布陣だ。決定的な曲を聴いてみて下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

D.A.N. / digital single『SSWB』
発売日:2016.12.23(fri)
価格:¥600 / ※単曲¥250
発売元:SSWB / BAYON PRODUCTION
《tracks》
01. SSWB
02. Native Dancer (Albino Sound Remix)
03. Dive (Albino Sound Remix)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事
イベント情報
  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • BABYMETAL 主催のフェス FOX FEST 2024 が2DAYS開催決定!

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」