キティー・デイジー&ルイスを輩出した Sunday Best から、ナイジェリアにルーツを持つロンドン生まれ新進気鋭のシンガー・ソングライター L.A. Salami が登場!

unnamed (1)

キティー・デイジー&ルイスを輩出した〈Sunday Best〉から新進気鋭のシンガー・ソングライター 登場!デビュー・アルバム『Dancing With Bad Grammar: The Director’s Cut』から、パンク・ブルースな新曲「The City Nowadays」を公開!キティー・デイジー&ルイスを擁する〈Sunday Best〉が2016年新たに世に送り出すのは、ナイジェリアにルーツを持つロンドン生まれのシンガーソングライター、L.A. サラーミ。女性シンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァスのツアーでサポート・アクトを務めた頃から注目を集め、個性的なパフォーマンスやファッションやルックスも含め、そのスタイリッシュな佇まいがファッションデザイナーでもあり、バーバリーのCEOでもあるクリストファー・ベイリーの目に留まり、かつてジェイク・バグやジェイムス・ベイらもフィーチャーされ、英国において新人アーティストの登竜門的ショーケースとしても知られる〈バーバリー・アコースティック〉に選出されている。

「The City Nowadays」ミュージックビデオ

その後もニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ニック・ドレイクのようなアーティスト達を引き合いに、“ポスト・モダン・ブルース”と形容される音楽スタイルが徐々に評価を上げ、8月26日(金)にデビュー・アルバム『Dancing With Bad Grammar: The Director’s Cut』をリリースする。その中から、パンク・ブルースなサウンドと言葉をエネルギッシュにたたみかける「The City Nowadays」が公開された。

アルバムではこの他、デヴィッド・ボウイを連想させるような英国的でロマンチックなメロディー、ウェスタン調のギター、トライバルなドラム、まるでザ・クラッシュのようなシャウトなど、彼の音楽的才能が余すところなく発揮されている。また怒りと喜びを同時に感じるというロンドンでの生活を、時に哲学的に、時に詩的に、時にジャーナリスティックに、時に即興的に綴った歌詞にのせて、背景に現代社会の混沌を描きながら、過去への敬意と未来への情熱を唄う。なお本作のプロデュースは、ジェイク・バグやフローレンス・アンド・ザ・マシーンらの作品にドラマーとして参加しているマット・イングラムが、またエンジニアは同じくフローレンス・アンド・ザ・マシーン、そしてサーストン・ムーアを手がけたダン・コックスが担当している。

L.A. サラーミのデビュー・アルバム『Dancing With Bad Grammar: The Director’s Cut』は、国内盤CDにはボーナストラック「Never Felt Closer (bad set)」が追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。またiTunesでアルバムを予約すると「The City Nowadays」がいちはやくダウンロードできる。

Dancing With Bad Grammar: the
Dancing With Bad Grammar: the

posted with amazlet at 16.07.06
L.A. Salami
Imports (2016-09-02)