リオデジャネイロオリンピックに合わせ CSS がカムバック!デュラン・デュランの大ヒット曲「リオ」をカバーしたニューシングルをリリース!

css

が帰ってきた!ニューシングルはデュラン・デュラン「リオ」のカバー!ジャケットはオリンピア・ルタンが担当。リオデジャネイロオリンピック開催まであと1週間。それに合わせてブラジル出身のバンド がデュラン・デュランの大ヒット曲「リオ」のカバーをリリース!オリジナルがリリースされたのは1982年。これまでにもニルバーナがリオでのコンサートで歌ったり、モービーがカバー、アークティック・モンキーズが歌詞を引用、現在公開中の映画シングストリートでも重要な曲として描かれていたりと常に多くの人を魅了し続け、愛されている曲である。

このカヴァーを作るきっかけは、サイモン・ル・ボンがロンドンオリンピックでいかに街や文化が盛り上がったかを体験して、今年のリオオリンピックでデュラン・デュランとして何か関わりたいと考えたことから始まった。”Pass the Baton” (バトンをつなぐ)というオリンピックスピリットを音楽で表現していく、そこでバトンを渡す次世代アーティストとしてブラジル出身のCSSに白羽の矢が立った。

CSSは2003年に結成されたサンパウロ発のガールズ・ロック・バンド。ネット世代のラディカルでDIY な活動で注目を集め、米老舗インディー・レーベルSUB POP とレコード契約し2006 年にアルバム『カンセイ・ヂ・セール・セクシー』でデビュー。2007 年 iPod touch の TV コマーシャルで”Music Is My Hot Hot Sex” が起用され、バンドの知名度も日本のお茶の間レベルへと浸透。ロック / ダンスの境界線を軽々と超えるインディー・ポップ・アイコンとして常にメディアから熱い視線を集め、世界中にファンベースを獲得した。これまで4枚アルバムをリリースし、フジロックやサマーソニックをはじめ各国のメジャーフェスティバルにも出演。

デュラン・デュランの大ファンだというCSSメンバー。サイモン自身もコーラスで参加、ジョン・テイラーが新たにベースを弾き直し、ラヴフォックスのセクシーなボーカルでCSS色に染まった新しいRioが聴ける!このEPには他に2バージョン入っている。東京在住のシンガーソングライター、シルヴィオ・アナスタシオによるポルトガル語バージョンは、ラテンのパーカッションとホーンでお祭り感満載の仕上がり。LA在住マルチインストゥルメンタリストのモリー・マーレットによるオーケストラバージョンは40人のマケドニアオーケストラによる刹那的なサウンドスケープにモリーの声が合わさり長く記憶に留まるような美しい効果を与えている。

ジャケットはデザイナーのオリンピア・ル・タンが担当。オリジナルシングルのデザインのオマージュでオリンピアらしい刺繍が施され、オリンピックやブラジルの要素が巧みに織り込まれた抜群のセンスが光る仕上がりとなってている。オリンピアは祖母から教わった刺繍と、イラストレーターである父から受け継いだ文学を融合し、本をモチーフにしたユニークなバッグを発表し注目を浴びた。ウェス・アンダーソン、ダミアン・ハースト、スパイク・ジョーンズなどともコラボレーションしている。このジャケットデザインを使用したTシャツと12インチレコードも発売予定である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

EP / Rio (Pass the Baton)
アーティスト : CSS, Silvio Anastacio, Molly Marlette
レーベル : Syn Songs
フォーマット : DIGITAL

トラック
1. Rio (Pass the Baton) by CSS feat. Simon Le Bon, John Taylor
2. Rio (Silvio Anastacio’s Rio’16 Version ) by Silvio Anastacio
3. Rio (Epic Orchestral Mix) by Molly Marlette

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー