Avicii 来日公演にサポートアクト人気沸騰中の OTTO KNOWS が、幼馴染でもある Avicii をフィーチャーした「Back Where I Belong」を緊急リリース!

back-where-i-belong-artwork

(アヴィーチー) 来日公演にサポートアクトとして出演!!人気沸騰中の (オットー・ノウズ) が、彼の幼馴染でありダンス・ミュージックのアイコン、アヴィーチーをフィーチャーした最新シングル「Back Where I Belong feat Avicii (バック・ホエア・アイ・ビロング feat. アヴィーチー)」をリリース!2016年でLIVE活動引退を公式宣言したアヴィーチー。彼の最初で最後の来日公演にサポートアクトとして出演する人気沸騰中のオットー・ノウズが、自信の幼馴染でありダンス・ミュージックのアイコン、アヴィーチーをフィーチャーした最新シングル「バック・ホエア・アイ・ビロング feat. アヴィーチー」を本日緊急リリースした。

メロディアスな音階(=Melodic Stamp)と、非常にクオリティの高い、ライヴを感じさせる音の組み立て方がなされているこの「バック・ホエア・アイ・ビロング feat. アヴィーチー」は、オットー・ノウズのヒット・トラックを作りあげるスキルと、世界中のダンス・フロアを爆発させる楽曲を生み出すという、その飽くなき才能を知らせしめる1曲となっている。

オットー・ノウズとアヴィーチーは、二人が同じクラスになったその日から、ともに長い歴史を重ねてきた。そんな関係値をものがたる写真が「バック・ホエア・アイ・ビロング feat. アヴィーチー」のアートワークに起用されている。子供時代に撮影されたと思われる集合写真から2人を抜き出したものだ。

「僕たちは近所に住んでいて、一緒に育ってきたんだ。二人は子供のころから本当に良い友人関係を築いていて、今でも連絡を取り合っているよ。特に今、こうして同じ仕事をできていることって、すごくクールなことだと思うんだ」- オットー

彼らが一緒に音楽を作り始めたのは、オットーがSebastian Ingrossoの Refuneレーベルに所属していた頃であり、彼らはSwedish House Mafiaによる高いポテンシャルを持つ楽曲陣から、特に大きなインスピレーションを受けたという。彼らの最初のオフィシャル・コラボレーションはOliver Ingrossoをフィーチャーした「iTrack」という楽曲であり、この曲はブートレグ盤であるImogen Heapの「Hide & Seek」のリリースによって大きな注目を集めたオットーの評価を、さらに高いものにした。

オットーとアヴィーチー、そしてゲスト・ヴォーカリストのLPは、ロサンゼルスで「バック・ホエア・アイ・ビロング feat. アヴィーチー」の制作に取り掛かった。その際、Simon Strömstedt [シンガーであり、オットーのヒット・シングル「Next To Me」と「Parachute」の共同制作者]のコード進行をベースにしたのだそうだ。続いて二人は、最初に作業に取り掛かったLAで制作を進めた。その後はスウェーデンに戻り楽曲を完成させた。

アヴィーチーはこの楽曲に大きな満足を覚えたため、シングルとしてリリースすることを望んだという。しかもこの楽曲をリリースするのが、まさかのアヴィーチーの日本公演の前日。昨日オットー本人がこの作品のリリースについてSNSで発表した。オットーオットーもアヴィーチーもここ日本にいる!!もしかすると日本で1番最初にこの楽曲を2人が一緒にプレイするのを見れるかもしれない!!

オットー・ノウズ プロフィール

OttoKnows_A

スウェーデン出身。オットー・ノウズが最初にスマッシュ・ヒットを飛ばし脚光を浴びたのは、2012年に「Million Voices」をリリースした時のことだ。その翌年、彼はブリトニー・スピアーズのヒット・シングル「Work Bitch」に共同制作者、および共同プロデューサーとして参加。このことが、彼がダンス・ミュージックの次世代として、そしてポップ・ミュージックシーンのエリートとして名を馳せるステップとなったのである。2014年にリリースした「Parachute」と「Can’t Stop Drinking About You」は、オットーの独創性の高いエレクトロ・ミュージックがさらなる注目を集めるきっかけとなり、彼が多くの人々を魅了するダンス・ミュージックを作りあげていく道を開いていったのだった。2015年は、ストックホルムを拠点に活動するオットー・ジェエトマンにとって、さらに輝かしい一年となった。彼のシングル「Next To Me」はスウェーデンでトリプル・プラチナム、そして北欧諸国でゴールドに認定され、夏にはTomorrowland, Creamfields, Summerburst FestivalやUshuaïa Ibizaといったフェスを大きな注目のなか駆け抜けた。ここ日本でもPVのディレクターに日本人の映画監督を起用し、日本で撮影した「Next To Me」も話題となった。加えて、At Night Managementと契約を果たし、Sebastian Ingrossoと共にマネージメントを受けることとなったのである。