これまで一貫してアンビエント・ドローンのフロンティアを開拓してきた Chihei Hatakeyama、2008年から制作されていた新作『Five Dreams』が遂に完成!

これまで一貫してアンビエント・ドローンのフロンティアを開拓してきた Chihei Hatakeyama、2008年から制作されていた新作『Five Dreams』が遂に完成!

これまで一貫してアンビエント・ドローンのフロンティアを開拓してきた の2008年から制作されていた新作『Five Dreams』が遂に完成 (10/14 リリース)!本作品は暦と夢の関係性がテーマであり、収録された曲のタイトルは月の名前で、それぞれの月に見た夢の曖昧な感触から作曲のインスピレーションを受けている。夢をテーマとした作品集というアイデアは夏目漱石の夢十夜から得ている。

全ての曲の基礎となるサウンドファイルはある一日のギターのインプロヴィゼーションの録音が元になっており、ギター用エフェクターのリヴァーブのフィードバックを最大にして得られた音色である。リヴァーブは BOSS の RV-3 (1994年発売)。90年代のデジタルリヴァーブという事もあり、奥行きをもたらす残響であるはずのリヴァーブなのだが、逆に平坦な音になるというパラドキシカルなエフェクターである。そのサウンドファイルに新たに録音したギター、ヴィブラフォン、ピアノなどを加えて作曲された。

サウンドファイルの加工ではこれまでの MAX/MSP や Reaktor などに加え、カセットテープなどのローファイな機材も使用されている。また今作では、波形編集ソフトの Peak のピッチシフト機能を使って僅かに劣化する、倍音構成、位相の変化といった微細な変化といったところもサウンド加工のテーマとしている。アルバム全体のトーンとして、非常に柔らかい絹のようなアンビエント・ドローン作品ではあるが、随所に直線的でない変化が仕掛けられており、夢の脈絡の無さといった所からの影響である。アルバ収録曲のJulyは2009年に Youtube にアップされ反響を呼び正式なリリースが待ち望まれていた曲で、Youtube の容量制限の関係でカットされていた後半部分も収録された完全版となっている。

Five Dreams
Five Dreams

posted with amazlet at 15.10.09
Chihei Hatakeyama
White Paddy Mountain (2015-10-14)
売り上げランキング: 121,822