30万人が泣いた!実話を基にした感動ニャンダフル・ストーリー、映画『猫なんかよんでもこない。』主題歌をガールズバンド SCANDAL が担当することが決定!

0s

30万人が泣いた!<実話>を基にした、感動ニャンダフル・ストーリー!映画『猫なんかよんでもこない。』全世界大注目のガールズバンド! が主題歌を担当することが決定!実話を基にした、猫好きの、猫好きによる、猫好きのための大人気コミック「猫なんかよんでもこない。」(杉作 著/実業之日本社)が“奇跡”の実写映画化!2016年に1月全国公開が決定。

SCANDAL のメンバーは今回の楽曲提供について

「主題歌のお話を頂いて、何度も映画を見返しながら、朝の日差しのように柔らかい作品だなと感じ「Morning sun」 という曲を書き上げました。不器用なミツオと自由奔放なチンとクロ。大切なパートナーの影響で苦手なものを愛せたり、知らなかった世界に興味が持てたり、 自分のこころが変わってゆくのってとても素敵です。そして、案外自分自身もパートナーのこころを変えているものかもしれません。相手を想う気持ちがある限り、どんなに遠く離れてもきっと永遠に繋がっていられるはず。エモーショナルで優しい曲ができました。エンドロールが終わったあと清々しい気持ちになってもらえたら嬉しいです。」とメッセージを寄せています。映画を締めくくる彼女たちの歌声に是非ご期待ください。

ストーリー

ボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオのもとに、子猫の兄弟“チン”と“クロ”が現れた!猫嫌いのミツオは振り回されっぱなしだが、アパートの大家さんや猫大好きの女性・うめさんの応援もあって、ちょっとずつ距離を縮めながら、彼らは極貧生活を支え合う運命共同体になっていく。そんな中、大きな変化が訪れる。生きがいを失い、新たな一歩を踏み出せずにもがくミツオ。対照的に、チンとクロは新しい世界へ飛び出そうと爪を研いでいた・・・。楽しい日々も、ちょっと切ない日々も、いつも一緒。1人の男と小さな2匹の、かけがえのない猫デイズが始まった!

映画『猫なんかよんでもこない。』
出演:風間俊介 つるの剛士 松岡茉優
監督・脚本:山本透  共同脚本:林民夫 
公開表記:2016年1月全国公開
コピーライト:(C)2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会
公式HP:http://nekoyon-movie.com

猫なんかよんでもこない。その後 (コンペイトウ書房)
杉作 杉崎 守
実業之日本社
売り上げランキング: 2,174