UKマンチェスターの偉大なる音楽史を継承する才女 LoneLady (ローンレディ) 2nd アルバム『Hinterland』を 3/11 リリースが決定!

UKマンチェスターの偉大なる音楽史を継承する才女 (ローンレディ) 2nd アルバム『Hinterland』を 3/11 リリースが決定!P.I.L.のオリジナルメンバーであるジャー・ウォブルとキース・レヴィンや WAPR RECORDS 設立者のスティーヴ・ベケットが惚れ込むマンチェスターの才女、ローンレディが最新アルバム『Hinterland』を 3/11 に日本先行でリリースする。2014年に4年ぶりの新曲として公開され、ラジオを中心にじわじわと口コミが広がっていた「Groove It Out」も収録される。また今回の発表に合わせ、続くシングル「Bunkerpop」も公開された。

マンチェスターを拠点に活動するジュリー・キャンベルによるソロプロジェクト、ローンレディ。15歳でギターを手にし、大学時代にアメリカン・オルタナティヴに触発された音楽を作り始めた後、ファクトリー・レコーズに象徴される地元マンチェスター・シーンの豊かな音楽遺産に触れ、ポストパンク、ニューウェイヴに深く傾倒。ワープ・レコーズ設立者スティーヴ・ベケットの目に留まり、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやザ・ブリーダーズ等を手掛けるガイ・フィクセンによるプロデュースのもとリリースされたデビュー・アルバム『NERVE UP』(2010年) が、アート・オブ・ノイズの一員にして、ZTTの頭脳でもある音楽評論家のポール・モーリーにも絶賛されるなど、多くから高い評価を受ける。翌2011年には P.I.L. 再結成のオファーを蹴ったジャー・ウォブルと、ジャー・ウォブル&ジュリー・キャンベル名義のアルバム『Psychic Life』をリリース(同作品では元P.I.L.のキース・レヴィンとも共演)するなど、アーティストや評論家を問わず、英国音楽史において欠かすことのできない偉大な音楽人達から絶大な支持と期待を受けている。潔く、凛とした彼女のアーティスト性は、どこか中性的で洗練されたルックスにも映し出されている。

10941022_10153117627735625_7061427387985790301_n

“辺境” を意味するタイトルがつけられた本作では、英国マンチェスターの中心地から離れた街の外れの荒んだ風景が強烈に描かれている。ESG やマキシマム・ジョイを彷彿とさせるエッジーなファンク・グルーヴを熟成させると同時にスロッビング・グリッスルやキャバレー・ボルテールといった80年代のインダストリアル・ミュージックを掘り下げ、ア・サーテン・レイシオを彷彿とさせるメタリックなパーカッションから、プリンス&ザ・レボリューションから派生したウェンディ&リサにも通ずるフィメール・ファンクまで、ここには異形のファンクがグルーヴむき出しのままに収録されている。ヴォーカル、ギター、キーボード、チェロ、ドラムマシーン他、すべてを彼女自身で担当し、レコーディングもミックスも自身のホームスタジオで行った後、アメリカ、ミシガン州の工場地帯にある人里離れたスタジオでビル・スキッベ(スティーヴ・アルビニの門下生にし て、ザ・キルズやザ・デッドウェザーを手掛けるプロデューサー/エンジニア)のもとで、かつて、スライ・ス トーンが所有していたミキシング卓やクラフトワークやプリンスが使用していたことでも知られるドラム・マシーン、様々なヴィンテージのシンセサイザーを用いながら、楽曲をさらに深化、発展させ、本作は完成した。ローンレディの最新アルバム『Hinterland』は 3/11 日本先行・ボーナストラック2曲追加収録でリリースされる。なお iTunes でアルバムを予約すると、公開中の「Groove It Out」と「Bunkerpop」がいちはやくダウンロードできる。

Hinterland [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC457)
Lonelady ローンレディ
Beat Records / Warp Records (2015-03-11)