ポスト・ダブステップ以降のキーマン的存在 Mister Lies セカンドアルバム「Shadow」を 10/15 リリース!

10641206_900033156697686_2975222907397744246_n

ポスト・ダブステップ以降のキーマン的存在としてファースト・アルバム『Mowgli』が高い評価を得た、Mister Lies のセカンドアルバム「Shadow」が完成!自身のヴォーカルを積極的に取り入れ、トリップホップに触発されたパーカッションと明瞭なヴォーカル・サンプルを導 入。ソウルフルでポップなソングライティングとオーガニックなインストゥルメーションが融合したことで、これまでのリスナーに加え、アルバム・リーフやレ ディオヘッドなど、エレクトロニック且つエモーショナルなポップを横断するようなサウンドを好むリスナーにもアプローチ。

コネチカット州出身で、シカゴを経て、現在はニューヨークとグリーンマウンテンを拠点に活動している、プロデューサー/ビート・メイカー、マルチ・ インストゥルメンタリスト、Nick Zanca によるプロジェクト、Mister Lies の待望のセカンドアルバムが完成。コネチカット州の郊外で生まれ育った彼は進学のためにシカゴに引っ越し、寄せ集めた楽器とキーボードとラップトップで音楽を制作を開始。 Mister Lies として2012年にセルフ・リリースにて『Hidden Neighbors EP』を Bandcamp で発表。中でもジョニ・ミッチェルをサンプリングした収録曲「False Astronomy」の MV は YouTube 驚異的な再生回数を記録(現在は270万再生超え)し、ポストダブステップ以降のビート〜エレクトロニック・ ミュージック・シーンで注目を集め、ネットを主体に話題となる。

10678781_902669256434076_7525344926184600062_n

そして2013年にリリースしたファースト・アルバム『Mowgli』では R&B、トリップホップ、エレクトロニカ、ダブステップなど、様々な エッセンスを吸収・消化したドリーミーなビート・ミュージックを構築し、James Blake や Balam Acab、Burial、Flying Lotus などとも比較され評価を決定付けた。

本作「Shadow」では、シカゴからニューヨーク〜グリーン・マウンテンへを移り住む間ニック自身は過去作から意識の違いが生じ、モチベーション を取り戻す2年間を費やして制作されている。サウンドはこれまでのエッセンスも含まれているが、大きく変化しており、自身のヴォーカルを積極的にフィー チャーし、トリップホップに触発されたパーカッションと明瞭なヴォーカル・サンプルが導入され、ソウルフルでポップなソングライティングとオーガニックな インストゥルメーションが融合した仕上がり。これまでのリスナーに加え、アルバム・リーフやレディオヘッドなど、エレクトロニック・ミュージックとエモー ショナルなポップ・ソングを横断するようなサウンドを好むリスナーにもアプローチできる作品だ。なお、このアルバムは Foxes in Fiction 主催の Orchid Tapes からリリースされるが、CDリリースは日本のみ。

TRACK LIST:
01 Nymph
02 Deepend
03 New Woof
04 A Room Without
05 High (ft. Harrison Lipton)
06 Pill
07 Stuck / Ouija Fade (ft. Arrange)
08 Push Becoming Shove
09 Hendra*
10 July 1988 (ft. Arrange)*
11 Medusa 1*
*=Bonus Tracks

Shadow
Shadow

posted with amazlet at 14.09.12
Mister Lies
Plancha (2014-10-15)