"海外ミュージシャンのライブをもっと日本で実現する" ことをコンセプトにしたWebサービス「Alive」が本日オープン!

al

“海外ミュージシャンのライブをもっと日本で実現する” ことをコンセプトにしたWebサービス「Alive」が本日オープン!海外ミュージシャンのライブをもっと日本で! ライブ実現Webサービス『』をスタートします。~好きなアーティストに投票し、ライブ実現を支援~

ユーノ・グループ合同会社(所在地:東京都世田谷区、社長:サム・モクターリ)は海外ミュージシャンの日本公演を、日本のファンの支援により実現するWebサービス『alive』(アライブ)http://alive.mu/ を2013年10月24日にスタートいたします。

【aliveをスタートする背景】
日本では現在、海外ミュージシャンによるライブ公演が年々減少傾向にあります。一方で、日本での公演を希望する海外ミュージシャンは数多く、日本の音楽ファンも同様に求めています。日本の音楽ファンが「本当に聴きたい!」と思う海外ミュージシャンのライブを実現することが、日本の洋楽市場全体の発展に繋がるという思いからWebサービス『alive』が開発されることとなりました。

【aliveサービスの内容】
日本公演を希望する海外ミュージシャンがまず『alive』において、・プロジェクトの概要を掲載します。つぎに、このアーティストによるライブの実現を支援したいユーザーが、事前チケット予約を行います。事前予約には予約期間と目標人数(ライブ来場者数)が設けられており、期間内に目標数に達することができたアーティストは日本での公演が実現できる、という仕組みです。(目標数に達しなかった場合は、ライブは実現しません。また、チケット代金の決済も行われません)また、『alive』では、日本のユーザーからのリクエスト投票機能なども用意しています。日本のユーザーが聴きたいと思うアーティストに対し、・プロジェクトについて掲載するようalive事務局が積極的にアプローチを行なっていきますスタート時はalive事務局が東京都内でライブイベントを主催。その後、他のライブイベント会社などのパートナーを得て本サービスの範囲や内容、ライブ実施地域を拡大していきます。

『alive』オープン時には、下記の5アーティストによるライブ・プロジェクトを掲載いたします。

・Blue Hawaii
・San Cisco
・Crocodiles
・XXYYXX
・Nouvelle Vague

『alive』はサービス開始1年で50,000ユーザー獲得、年間50回のライブイベント実施を目標とし、より多くの海外ミュージシャンによるライブを日本で実現させてまいります。

webサイト alive(アライブ)http://alive.mu