• 5/25 (Wed)
  •   

    D.A.N. のサポートも務める鬼才、小林うてな初のソロ作品『VATONSE』

    マルチプレイヤーとして活躍する鬼才、小林うてな初のソロ作品。女性4人組バンド "鬼の右腕" 解散後、スティールパン/マリンバ奏者としての確かな技術と音楽的教養、センスを基に数多くのサポートやソロでのライブを経て、インディロックシーンでも一際輝く個性派アーティストとなりつつある彼女のソロ初作品。全編にわたって変拍子を多用したビートが鳴り響く中、スティールパンの音色が軽やかに煌くのとは対照的にドープな低音が渦を巻く。そこにエキゾチックで毅然とした彼女のボーカルが絡む存在感は唯一無二。現在進行形ベースミュージック/ビートミュージックの影響~マッシヴ・アタック、ポーティスヘッド等のトリップホップ、FKA twigs や bjork をも彷彿とさせる崇高な音楽世界。インディーロック/クラブシーンをクロスオーバーする、エキゾティックなボーカルと多彩な リズム、そしてドープな低音が圧倒的なオリジナリティの世界観を創りだす傑作が誕生した。

    収録曲「EN」のライブ映像


アイテム