• 1/19 (Fri)
  •   

    LA期待の超新星 Starcrawler、プロデューサーにライアン・アダムスを迎え遂にデビューアルバム『Starcrawler』を 1/19 リリース!

    Starcrawler

    デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、ジェラルド・ウェイ(マイ・ケミカル・ロマンス)、エルトン・ジョンも絶賛!期待の超新星 Starcrawler (スタークローラー)、プロデューサーにライアン・アダムスを迎え、遂にデビューアルバム『Starcrawler』完成!新曲「I Love LA」をミュージックビデオと共に公開!ザ・クランプス、ヤー・ヤー・ヤーズ、アリス・クーパー、ニューヨーク・ドールズ、オジー・オズボーン、ザ・ランナウェイズを合わせたら何が生まれる?そう!その答えがスタークローラーだ。


    ミュージシャンと写真家の間に生まれた、若干18歳のカリスマ・ヴォーカリスト、アロウ・デ・ワイルドが、高校時代にギタリストのヘンリー・キャッシュと出会い、リズムセクションのオースティン・スミス(ドラム)とティム・フランコ(ベース)が加わって2015年にロサンゼルスで結成されたスタークローラー。記念すべきデビュー・シングル「Ants」が、ユニクロの海外TVCMに起用されCM賞を受賞し、エルトン・ジョン、マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、音楽マニアとして知られるロード・オブ・ザ・リング主演俳優のイライジャ・ウッドなどが、早くから彼らのファンであることを公言するなど、たった一枚のシングル・リリースで凄まじい反響を呼んでいる彼ら。


    当初はザ・レモン・ツイッグスの前座としてのみパフォーマンスを披露してきたが、ファンがスマホで録画したライブ映像をYouTubeにアップしたことをきっかけに更に人気が爆発。叫ぶようなギターリフと雷鳴のようなビートからなる4人の演奏と、アロウ・デ・ワイルドの人を引き寄せる浮き世離れした力を前面に出した煽動的なライブパフォーマンスが魅力だ。その後、ザ・ストロークスのニック・ヴァレンシ率いる新バンド、CRXのサポートを務め、バルセロナの大型フェス《Primavera Sound》、最近ではフー・ファイターズのデイヴ・グロールがキュレーターを務めた《Cal Jam》で、デイヴ・グロールが真っ先に出演依頼をするなど、アルバム・デビュー前にして、話題が話題を呼んでいた。ちなみにデイヴ・グロールは、フェス ティバル翌日にラジオ出演した際にも、スタークローラーを大絶賛している。

    2018年3月に Japan Tour が決定!

    3/7 (Wed) 東京 O-nest
    3/8 (Thu) 名古屋 Huck Finn
    3/9 (Fri) 大阪 Conpass
    3/10 (Sat) 京都 Metro

    レジェンド達や各紙絶賛!!!

    スタークローラーには度肝を抜かれた。70年代の芝居がかった感じと、ザ・ストゥージズの電流のようなエネルギーとの融合を見るのは非常に新鮮だ。
    – ジェラルド・ウェイ(マイ・ケミカル・ロマンス)

    スタークローラーはロックの未来さ。キッス、エックス、ソニック・ユース、ストゥージズのような存在になるだろう。紛れもなく、マジで本物だよ。
    – ライアン・アダムス

    オジー・オズボーンとパティ・スミスが1975年に一緒になって子供をもうけていたら、きっとアロウ・デ・ワイルドのようだったろう
    – Classic Rock誌

    魅惑的だ。ロサンゼルスの不良少年たちが、ロックンロールへの希望を見出している
    – Mojo誌

    しょげ返ったインディー・ロックのシンガーたちは、後ずさりするしかない。なぜなら、アロウ・デ・ワイルドという名の若く荒々しいボーカリストが、タスマニアデビルのような力強さで、ロックンロールの砂ぼこりを蹴り上げながら、街を駆け抜けているからだ
    – Los Angeles Times紙

    スタークローラーは、90年代の最も偶像的なバンドの数々と、最高のやり方で交信している
    – Teen Vogue誌

    もし君が、ロックンロールはもう死にかけで、本来の遊び心やパフォーマンスや原始的なエネルギーを失っていると思うのなら、それはまだスタークローラーに出会っていないということだ。
    – ジェフ・トラヴィス(ラフ・トレード・レコーズ創設者)

    プロデュースはライアン・アダムス!ついに発表された彼らのデビュー作、その名も『スタークローラー』は、40年近い歴史を持つUKを代表するインディー・レーベル〈ラフ・トレード・レコード〉が、“レーベル史上最高傑作の一つ”と断言する注目作だ。プロデューサーにライアン・アダムスを迎えて制作された本作のレコーディングは、ライアン・アダムスの設立したPax-Amスタジオでアナログテープに録音するという形で行われた。ライアンのバンドへの惚れ込みようは「このスタークローラーのアルバムを聴けば、君の脳を覆うペンキが剥がれるだろう」「彼らはクソヤバいほど最高だ。彼らはもうすぐこの銀河を支配する」といった数多くのツイートからも一目瞭然だ。

    またアルバムの発表に合わせて新曲「I Love LA」のミュージックビデオが公開!監督したのは、アロウの実の母親であり、ベックや、ザ・ホワイト・ストライプス、エリオット・スミス、ザ・レモン・ツイッグス名高い音楽写真家のオータム・デ・ワイルド(ちなみに父親は、ビーチウッド・スパークス、アリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティ、ファーザー・ジョン・ミスティといったバンドでドラムを務めるアーロン・スパーク)。新たなパンク・ムーブメントを巻き起こすスタークローラーのデビュー作には、ロックを再定義すると言っても過言ではない10曲を収録し、2018年1月19日に世界同時リリース!国内盤CDには、前述の「Ants」を含め、3曲のボーナストラックが追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。

    ■リリース情報
    label: ROUGH TRADE / BEAT RECORDS
    artist: Starcrawler / スタークローラー
    title: Starcrawler / スタークローラー
    release date: 2018.01.19 FRI ON SALE
    cat no.: RTRADCDJP890
    price: 2,000円(+税)
    国内盤特典:ボーナストラック3曲追加収録/解説・歌詞対訳封入

アイテム


Warning: Use of undefined constant slug - assumed 'slug' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-content/themes/blacksapphire/functions.php on line 480

Warning: Use of undefined constant slug - assumed 'slug' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-content/themes/blacksapphire/functions.php on line 481
2020年7月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別リリース一覧

ジャンルから選択