新世代ヒップホップ・シーンを牽引する Little Simz がニューシングル「Boss」を公開!

Little Simz

ティンク、ジャミラ・ウッズ、デージ・ローフ、コーディー・シェーン、ヤング・エムエーらと共に新世代ヒップホップ・シーンを牽引する (リトル・シムズ) が 9/23 に配信リリースしたニューシングル「Boss」のミュージックビデオ公開!監督は、9月にセカンドアルバム『For Ever』をリリースし、来年1月には待望の来日も決まっているジャングルのメンバー、ジョシュ・ロイド・ワトソンと、彼らのアーティスト写真撮影やミュージックビデオを手がけるチャーリー・ディ・プラシドの二人が務めている。

リトル・シムズは今回の撮影について「ようやくみんなと新しいビデオを共有できて嬉しい。今回は、初めてダンサーたちとコラボレートしたから、新しい体験を楽しめた。彼らとの共演ですごくエネルギーをもらったわ」と振り返っている。

またビデオの監督を務めたチャーリー・ディ・プラシドとジョシュ・ロイド・ワトソンは「昔からファンだったから、彼女とミュージックビデオでコラボしたいと思ってたんだ。このトラックを聞いて、すぐに好きになったし、ダンスを取り入れた僕ららしいスタイルのヴィジュアルで表現したいと思ったんだ。僕たちは今年、ジャングルのメンバーで振付師のナット・ザンギやAMCK Dance(UKのダンサーや振付師などが所属するエージェント)を通して出会った若いダンサーたちと一緒にたくさんのワークショップをしたんだ。リトル・シムズと共に、たくさんいるダンサーの中からキャスティングしたり、みんなの情熱を引き出せたのは凄く楽しかったし、本当に満足のいく結果になったよ」と語っている。

リトル・シムズは、英MOBOアワードにて最優秀ヒップホップ・アクト、最優秀女性アクトの2部門にノミネートされた他、フォーブス誌が選ぶ「30歳以下の欧州で活躍するアーティスト」、「2016年注目のヒップホップ・アーティスト」に選ばれるなど、世界中から今後の活躍が期待されている。

“素晴らしく、予測できない非常にクリエティブな楽曲と共にリトル・シムズが帰ったきた。”
– Clash Magazine

“リトル・シムズは自信を見せつけることによって誰が‘ボス’なのかを新曲「Offence」で証明している”
– The Line Of Best Fit

“タイムレスでクラシック然としていると共に、非常に2018年、そして未来を感じさせる”
– Zane Lowe on Beats 1

“フルートとストリングスによって時折聞こえてくる派手さが曲がりくねった、ファジーなベースとドラムに絡んでいる”
– Exclaim!

“リトル・シムズは新曲で「Offence」のブレークビーツと共に帰ってきた ”
– Hot New Hip Hop

“言葉と音によって力を示した”
– New York Times