アンダーワールドのカール・ハイド&リック・スミスが手がけたアートプロジェクト「MANCHESTER STREET POEM」のドキュメンタリーが公開!

(アンダーワールド) のカール・ハイド&リック・スミスが手がけたアートプロジェクト「MANCHESTER STREET POEM」のショートドキュメンタリーが公開!今年7月に開催されたマンチェスター・インターナショナル・フェスティバルにて、アンダーワールドが地元のチャリティー団体やミュージシャンとコラボレートし制作したインスタレーション「MANCHESTER STREET POEM」。ホームレスの人々の声を聞き、アートの表現を通して、それを伝えたその功績が、今回ショートドキュメンタリーの形で公開された。

最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』をリリースした2016年には、世界的クリエイティブ集団Tomato結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」の一環として、カール・ハイドによるペインティング作品と、リック・スミスによるサウンド演出からなるアートインスタレーション「TOKYO STREET POEM」の展示を行ったことも話題となったアンダーワールド。制作に1年以上の時間がかけられたという「MANCHESTER STREET POEM」は、マンチェスターでホームレスとして過ごした経験を持つ人々からのストーリーをベースにカール・ハイドが紡ぎ出した言葉の数々とペインティング、そして、マンチェスターの街で集められたサウンドを使用したリック・スミスによる音楽演出で構成されている。9日間に渡って行われたインスタレーションの展示には、3500人以上が訪れ、ラジオ局「BBC 6 Music」が特集し、テレビ番組にも取り上げられるなど、大きな注目を集めた。

【MANCHESTER STREET POEM】の出発点は、ホームレスという言葉で括られ、社会から無視されてしまいがちな人々の声を聞くというものだった。「自分たちの市民に、“彼らと私たち”なんて考えはない。 “私たち”だけだ」というのが我々を導いてくれた信念だった。
– Karl Hyde

【MANCHESTER STREET POEM】公式サイト
http://manchesterstreetpoem.com/

Beaucoup Fish
Beaucoup Fish

posted with amazlet at 17.12.21
Underworld
Ume (2017-08-25)
売り上げランキング: 136,555