ヘヴィ・ミュージック最大のカリスマ KORN、スリップノットのコリィがゲスト参加した最新アルバムが 10/21 全世界同時リリース決定!

s-Korn_新アー写

ヘヴィ・ミュージック最大のカリスマ 、スリップノットのコリィがゲスト参加した曲など全11曲入りの最新アルバム『THE SERENITY OF SUFFERING』を 10/21 に全世界同時リリース決定!!常にヘヴィ・ミュージックの最先端を自ら切り開いてきた最大のカリスマKORN。彼らがロードランナー・レコーズより12枚目となるスタジオ・アルバム『ザ・セレニティー・オブ・サファリング』をリリースする事を発表した!ロードランナー・レコーズからは2010年に『 III ? Remember Who You Are』を、翌年にはスクリレックスなどとタッグを組みEDM要素を強く出した意欲作『The Path of Totality』をリリースしており、今作でロードランナー・レコーズと手を組んだ3作目のアルバム・リリースとなる。

プロデューサーにはグラミー賞受賞経験のあるNick Raskulinecz(フー・ファイターズ、 デフトーンズ、マストドン等)を迎えており、収録曲には2000年代KORNに並びへヴィ・ミュージック・シーンをけん引してきたスリップノットのボーカル、コリィ・テイラーがゲスト参加した曲も収録!今作からのリード・トラックである「Rotting in Vain」のミュージック・ビデオはマリリン・マンソンなどの作品を手掛けたDean Karrが監督を務め、海外ドラマ「サンズ・オブ・アナーキー」で知られるトミー・フラナガンが登場する、鬼気迫る作品に仕上がっている

収録曲「Insane」のMVが公開!

アートワークは世界中で高い評価を受けるコンテンポラリー・アーティストであるRon Englishが手掛け、奇怪な動物が戯れる悪夢のような遊園地に、臓器や骨がむき出しになった1999年リリースのアルバム『Issues』のジャケットに登場する人形を抱える10代のKONRファンが中央に位置する、なんともKORNらしいゴシックでダークな雰囲気をまとったジャケットとなった。このアルバムについて、ギタリストであるブライアン・”ヘッド”・ウェルチ、ジェイムズ・”マンキー”・シャファーはこう語っている。

「ここ最近の作品の中では聴いたことがないほどにヘヴィになっている」 – ヘッド
「ヘヴィネスという点で言うと、デビュー作『Korn』が10点満点とすると、今作は9点に位置する作品だ」 – マンキー

リード・トラックの「Rotting in Vain」では、KORNの初期に見られたジョナサンによる独特なスキャットも組み込まれ、ヘッドやマンキーが言う言葉が真実であることが伺える。10月21日に全世界で発売となる最新アルバム『ザ・セレニティー・オブ・サファリング』、お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーー

■CDリリース情報■
KORNニュー・アルバム『THE SERENITY OF SUFFERING / ザ・セレニティー・オブ・サファリンク』
発売日:2016年10月21日 全世界同時発売
WPCR-17459/ 2,200円+税
収録曲:
1. Insane
2. Rotting in Vain
3. Black Is the Soul
4. The Hating
5. A Different World (featuring Corey Taylor)
6. Take Me
7. Everything Falls Apart
8. Die Yet Another Night
9. When You’re Not There
10. Next in Line
11. Please Come for Me

ーーーーーーーーーーーーーーー

The Serenity of Suffering
The Serenity of Suffering

posted with amazlet at 16.08.01
Korn
Roadrunner (2016-10-21)
売り上げランキング: 2,807