BADBADNOTGOOD 待望の最新作から気鋭ケイトラナダ参加の新曲「Lavender」を公開!

BADBADNOTGOOD

待望の最新作『IV』から新曲「Lavender」を公開!ジ・インターネットやアンダーソン・パークを手掛けソロ・アルバムも話題の気鋭ケイトラナダの参加に注目!カニエ・ウェスト、オッド・フューチャー、ジェイムス・ブレイクのカバーで注目を集め、初のオリジナル・アルバムとなった前作『III』やゴーストフェイス・キラーとのコラボ作品『Sour Soul』で世界的評価を獲得した超人気カルテット、バッドバッドノットグッド()が、7月8日(金)にリリースされる最新アルバム『IV』から、気鋭ケイトラナダ参加の新曲「Lavender」を公開!

ジーザス・クライスト… バッドバッドノットグッドのニュー・アルバムはとんでもない作品だ…
– Gilles Peterson

ジャズを再びアツくするヤツら
– VICE

技術を凌駕する大胆な姿勢と若いエネルギー
– NPR

偉大な血統を継ぐ者たちがゴロゴロ存在するシーンにおいて、彼らはそれでも大きなうねりを作っている
– The Guardian

ケイトラナダは、バッドバッドノットグッドと同じくカナダ出身。様々なブートレグ・リミックスで脚光を浴び、ジ・インターネットやアンダーソン・パークのプロデュースで高い評価を獲得。先月リリースされ話題となったケイトラナダのソロ・アルバム『99.9%』には、バッドバッドノットグッドがゲスト参加している。

「Lavender」は、ケイトラナダと一緒に俺たちのスタジオ【Studio 69】でたくさんの曲を作ってた中で生まれた曲なんだ。まずケイが、俺たちの作ったドラムブレイクからビートとシンセのメロディを考えて、俺たちがそのドラムとシンセをカットアップして、他のセクションも加えて曲にした。それからケイがトロントに戻ってきて、あのイカしたリード・メロディとパーカッションをさらに加えて、最後のアレンジは俺たちがやった。ケイと親友なんて本当に光栄だね。彼は唯一無二の才能を持ってる。
– BADBADNOTGOOD

4人体制として初のアルバムとなった本作には、ケイトラナダの他、トム・ウェイツ、アニマル・コレクティヴ、ボン・イヴェール、TVオン・ザ・レディオら幅広いアーティストの作品でリード奏者として活躍するコリン・ステットソン、盟友チャンス・ザ・ラッパーやジョーイ・バッドアスとの共演でも知られるシカゴの俊英ラッパー、ミック・ジェンキンス、ボルチモア・シンセ・ポップの雄フューチャー・アイランドのフロントマンであるサム・ヘリングなど旬な面々が名を連ねている。バッドバッドノットグッド最新アルバム『IV』は、7月8日(金)に世界同時リリース。日本限定盤にはボーナストラック「Up」が追加収録され、解説書が封入される。iTunesでアルバムを予約すると「Time Moves Slow (feat. Samuel Herring)」「Speaking Gently」の2曲がいちはやくダウンロードできる。

IV [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRIL2034)
BADBADNOTGOOD バッドバッドノットグッド
BEAT RECORDS / INNOVATIVE LEISURE (2016-07-08)
売り上げランキング: 44,635