MARK PRITCHARD いよいよ今週リリース!トム・ヨーク参加も話題の最新アルバム『Under The Sun』全曲試聴開始!

unnamed

いよいよ今週リリース!トム・ヨーク参加も話題の最新アルバム『Under The Sun』全曲試聴開始!いよいよ今週 5/13 にリリースを迎えるマーク・プリチャードの最新アルバム『Under The Sun』の全曲試聴 (https://bleep.com/release/stream/70973-mark-pritchard-under-the-sun) がスタートした。

間違いなく傑作 – DJ (9/10)

様々な素晴らしいエレクトロニック・サウンドから生まれた美しくメランコリックなダウンテンポ – Mojo ****

フォークに浸った魅惑的なエレクトロニカ – Uncut (8/10)

90年代初頭より、幾多の名義やユニットを通して、エレクトロニック・ミュージック・シーンの進化を体現してきたマーク・プリチャードの集大成ともいる今作『Under The Sun』。ジミヘンやレッド・ツェッペリン仕事で有名なエンジニアであり友人であるフィル・ブラウンからインスパイアされた本作は、デジタル処理に頼らない1960~70年代の「タイムレスなプロダクションやミキシング」をテーマに独特で情緒溢れるサウンドスケープを追求。グローバル・コミュニケーションやボーズ・オブ・カナダを彷彿とさせるメランコリックで隔世的な「Sad Alron」や「EMS」、コズミックなニュー・ディスコにビビオのエモーショナルな歌い回しが映える「Give It Your Choir」、ビーンズ(アンチ・ポップ・コンソーティアム)のワードプレイがヴィンテージでアヴァンギャルドなシンセの中に佇む最深型ダブ・ポエット「The Blinds Cage」まで、初期のエイフェックス・ツインからデイビット・アクセルロッドまで膨大な音楽アーカイヴからの影響を見事に昇華。また、突然の最新作リリースも話題のレディオヘッドからトム・ヨークが「BeautifulPeople」に、映画『ダフト・パンク エレクトロマ』のサウンドトラックに起用され注目を集めたサイケデリック・フォーク歌手リンダ・パーハクスが「You Wash My Soul」に参加している他、タイトル曲「Under The Sun」では、映画『サウンド・オブ・ミュージック』で知られる大女優ジュリー・アンドリュースのヒプノティックな声ネタと、ハーフに落とされたジューク・ビートの見事なコントラストが、リスナーの意識をアルバムのストーリーの中へ引きずり込み、二度とその世界から出られないかのような感覚すら与えてしまう。

なおマーク・プリチャードは、今週NYで開催されるRBMAにて、ヴィジュアル・アーティストのジョナサン・ザワダとコラボレーションし、本作のショウケースとして没入型のA/Vインスタレーションを行う。マーク・プリチャードの本名名義では初となるオリジナル・アルバム 『Under The Sun』は、5月13日(金)に世界同時リリース。国内盤にはボーナストラック「In Stillness / Light Bodied」が追加収録される。

UNDER THE SUN [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC511)
MARK PRITCHARD マーク・プリチャード
Beat Records / WARP RECORDS (2016-05-13)
売り上げランキング: 3,386