テン年代の日本に現われたポップミュージック界の超新星☆ 北園みなみ、待望のセカンド・ミニアルバム『lumiere』を 7/15 リリース!

テン年代の日本に現われたポップミュージック界の超新星☆ 、待望のセカンド・ミニアルバム『lumiere (ルミエール)』を 7/15 リリース!アルバムのダイジェスト試聴が開始されました。無名の新人であ­りながらも、2014年秋にリリースされたデビュー作「promenade」は瞬く間­に評判をよび、スマッシュヒットを記録。懐かしさとシニカルなユーモアが交錯する、現­実と幻想の境界が曖昧になるような独特の世界観、クラシックとモダンがハイブリットに­融合したような新しい作家性は、驚きと高い評価をもって迎えられました。

「promenade」と対を成す、双子のミニアルバム「lumiere」を一聴する­と、“真実はシンプルで美しい”そんな言葉が思い浮かびます。素朴で普遍的なメロディ­ーとオーセンティックな音像の中に見る優しさ。その穏やかな語り口に彼の非凡なる才能­と音楽に対する真摯な姿勢がみてとれます。今作でも、構造の中に様々なアイデアを反映させ、多彩な音色を自在に操る、アンファン­•テリブル(恐るべき子ども)っぷりは健在。楽曲の作詞、作曲、編曲、管弦オーケスト­ラアレンジ、プログラミング、演奏(キーボード•ベース•ギター)、歌唱、コーラスに­至るまで、全て北園自らが担当し、洗練されたソングライティングと楽曲の構築美はさら­なる高みへ。長きに渡って先達が築きあげてきた音楽的遺産を現代的なポップ・フォーマ­ットに落とし込む、独創的な解体と構築は続いています。

繊細なガラス細工のようなオーケストレーションが刹那で美しい「夕霧」、70’sのS­SWライクなおおらかなメロディーと叙情的に描かれる風景が秀逸な「つぐみ」、浮遊感­あるリズムに緩やかなグラデーションで進行していく音風景が印象的な「新しい街」、プ­ログレッシブな展開と変幻自在に飛び交うリフレイン、遊び心溢れるアレンジが楽しい「­リフロック」、新世代ビックバンド、イガバンBBのソリストたちとゲストボーカルにマ­イカ・ルブテを迎えた小粋にスウィングするデュエット曲「ミッドナイト・ブルー」、幸­せな高揚感につつまれて、エンディングを迎えます。前作話題となったアンリ・ルソーのアートワーク。今作はうららかな光が眩しい、ポール­・シニャックの絵画を起用。カラフルな色彩を帯びながらハイファイな音楽的彩度を誇る­作品が完成しました。

◆ 参加ミュージシャン:坂田学、イガバンB.B、橋本歩ストリングカルテット、マイカ•­ルブテ、榊原香保里(Lamp)、高橋結子

lumiere
lumiere

posted with amazlet at 15.07.02
北園みなみ
P.S.C. (2015-07-15)
売り上げランキング: 14,545