SQUAREPUSHER 最新ライヴの全貌が明らかに、ネクストレベルの最新オーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンス「RAYC FIRE 2 LIVE SESSION」公開!

fjF3w58m-tmx-BdVJ_dGWcU5s_Lo14kqY82gB-OM4T3K2yAbC966fvhVctFpyUr8aphiwRpfSuqI6B4pMFt7eo_usc9q1rcSPb-amGwOJmtLxZBZ8Iy7YwO7ehbRQ5Aq5AfBpt2v96atfgKbm2axeYQnBsNt=s0-d-e1-ft

3年振りとなる最新作『Damogen Furies』のリリースが3週間後に迫り、11年振りとなる単独公演とTHE STAR FESTIVALへの出演も話題沸騰中の鬼才スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが、先日ロンドンにて初披露された最新オーディオ・ヴィジュアル・ライヴのパフォーマンス映像「Rayc Fire 2 Live Session」を公開!背後のスクリーンと自らに映像を投影し、すべてを音楽と同期させた最新ライヴの全貌が明らかになった。本ビデオは、NAS、エリカ・バドゥ、チリー・ゴンザレス、ベル・アンド・セバスチャン、セイント・ヴィンセント、OK Goなど名だたるアーティストがフィーチャーされているSONY x VICE Japanによる『MOST VALID REASON』シリーズの最新作となっている。

11年振りとなるスクエアプッシャー単独公演は、5月15日(金)に恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催。翌16日には、京都にて開催されるTHE STAR FESTIVALにもヘッドライナーとして出演する。

ライヴ・パフォーマンスとの完全なるリンクを目指し、すべてワンテイクで録られ、編集も一切行わず完成させたという最新アルバム『Damogen Furies』は、ボーナストラック追加収録で4月21日にリリース。初回生産盤CDのみ三つ折りデジパック仕様。また数量限定で最新デザインのTシャツ付セットも販売される。さらにタワーレコードではアートワーク缶バッヂ、HMVではロゴ缶バッヂ、diskunionではオリジナル・ポスター、amazonではロゴ・マグネット、その他の対象店舗ではロゴ・ステッカーが、アルバム購入者に先着でプレゼントされる。iTunesでは『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となる。なお、アルバムを予約すると公開中の「Rayc Fire 2」と「Stor Eiglass」を『Mastered for iTunes』フォーマットで今すぐダウンロードできる。