MUSE、ニューシングル「Something Human」のMV公開!

Muse

UKのロックバンド が “Drones World Tour” 後に制作された、7/19 に配信リリースしたニューシングル「Something Human」のミュージックビデオを公開!本楽曲は今秋11月にリリースされるという新作アルバムに収録される予定だという。バンドとリッチ・コスティが共同プロデュースし、マーク・‘スパイク’・ステントがMIXを手掛けたこの楽曲「サムシング・ヒューマン」は、高揚感があり映画のような世界観がありつつも心に迫るトラックとなっており、歌詞においてはリセットして人間としての感情を取り戻す必要を訴えている。

新曲「サムシング・ヒューマン」についてボーカルのマット・ベラミーはこのように語っている。

「ツアーで全世界を巡る人生は、自身の内なるビーストを引き出すことがあるんだ。この楽曲とビデオは、人間的なところに回帰していくことを願いながら、そのビーストを手なずけることについて表現しているんだ。しかし、ティーン・ウルフっていうのはクールだね」

「Dig Down / ディグ・ダウン」、「Thought Contagion / ソート・コンテイジョン」と同様、ランス・ドレイクがディレクションを担当したこのビデオについて、ドレイクはこのように語っている。

『「サムシング・ヒューマン」で目指したのは、「ディグ・ダウン」、「ソート・コンテイジョン」で始まった旅路を続けることだったんだ。模擬世界へと更に足を踏み入れ、マット、ドム、クリスの人生における探求を共に追うのだけど、その世界ではビデオテープを返却することくらいのシンプルな出来事が、壮大なジャーニーになったりするんだ。』