ロンドンのエレクトロ・ソウル/ファンクバンド、JUNGLE 待望のニューアルバム『FOR EVER』をリリース!

ラジオ局 KCRW に出演した「Heavy, California」のスタジオライブ映像が公開!

2018.09.15

JUNGLE

再始動したロンドンのエレクトロ・ソウル/ファンクバンド、 (ジャングル) が待望のニューアルバム『FOR EVER』を 9/14 リリースを発表!アルバムのトレーラー映像と共に「HEAVY, CALIFORNIA」と「CHERRY」の2曲を先行リリース!Apple Music では「CHERRY」のミュージックビデオを限定解禁。

アルバムのトレーラー

2014年の7月、セルフタイトルのアルバムで華々しいデビューを飾ったジャングル。シングル「Platoon」「Busy Earnin」「Time」「The Heat」そして「Julia」といった新たなネオソウルの名曲たちが収録されたアルバムは、ロンドンの若者たちを中心に世界中を熱狂させ、いつしかそれは紛れもないジャングルのサウンドとして知られるようになった。全ては、ジョシュ・ロイド=ワトソンとトム・マクファーランドというプロダクション/マルチ演奏者の2人組が夢に描いた作品だ。

「Cherry」のMV公開!

彼らは当初、自宅のベッドルームのスタジオから出るという考えすら持っていなかったし、ましてや、のちに最高なライブバンドへと変形を遂げる、才能あふれる7人編成のパワフルなエレクトロ・ソウル/ファンクバンドの中心的存在になるとは想像もしていなかった。さらに彼らを待ち受けていたのは、瞬く間に広がったネット上の口コミ、現実世界でのバズ、熱狂的なレビュー、マーキュリー賞のノミネーション、「クソ素晴らしい」と絶賛したノエル・ギャラガーからの評価、50万枚にもおよぶ売上、そして2年間続いた世界ツアーだった。とにかく全てのことが起きたのだ。

「Heavy, California」のMV公開!

そして今日、ジャングルは、彼らのアイデンティティを決定づけたデビューアルバムに続く作品を発表する。『For Ever』と題されたアルバムは9月14日 (金)に〈XL Recordings〉からリリースされる。デビューアルバム『Jungle』が、彼らが今までに行ったことのない場所をイメージしたサントラだったとすれば、『For Ever』は、彼らが長年夢見た場所での実体験にインスパイアされた作品だと言える。新作の作曲とレコーディングのため、ジョシュとトムはロンドンのシェパーズ・ブッシュからロサンゼルスのハリウッドヒルズへと拠点を移した。

だが新天地で生活を続けていくに連れ、カルフォルニア・ドリームに対するロマンと、カルフォルニアでの実生活が衝突した。西海岸で社会から取り残されているという感覚に、長年の関係が崩壊するという出来事が重なった。ロンドンに戻った彼らは、若きプロデューサーとして高く評価されているインフロー (Inflo) とタッグを組み、「世界滅亡後のラジオ局が別れの曲をかけている」音を作るべく試みた。膨大な量のアイデアをそぎ落とし、そのコンセプトに基づくアルバムが誕生した。そのラジオ局が、その曲たちが、その旅路が、ジャングルの2ndアルバム『ForEver』のサウンドなのだ。帰還するには旅立たなければならなかった。そしてジョシュとトムが失った愛は、音楽として舞い戻ってきた。ジャングル待望の2ndアルバム『For Ever』は 9/14 世界同時リリース。国内盤CDには「Overtrue」「Come Back A Different Day」の2曲が追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。

アルバム『FOR EVER』の全曲試聴が開始!

ラジオ局 KCRW に出演した「Cherry」のスタジオライブ映像が公開!

■リリース情報
label: XL RECORDINGS / BEAT RECORDS
artist: JUNGLE
title: FOR EVER
release date: 2018.09.14 FRI ON SALE
国内盤CD:XL972CDJP
ボーナストラック2曲追加収録 / 歌詞対訳・解説書封入

tarcklist:
01. Smile
02. Heavy, California
03. Beat 54 (All Good Now)
04. Cherry
05. Happy Man
06. Casio
07. Mama Oh No
08. House In LA
09. Give Over
10. Cosurmyne
11. Home
12. (More and More) It Ain’t Easy
13. Pray
[Bonus Tracks for Japan]
14. Overtrue
15. Come Back A Different Day