UKマンチェスター期待の新人5人組ポストパンク・バンド、Cabbage が待望のデビューアルバムを 3/30 リリース!

Cabbage

英BBCが発表するブレイクが期待される新人アーティスト “BBC Sound Of 2017” に選出された期待の新人5人組バンド、 (キャベッジ) 待望のデビュー・アルバム『Nihilistic Glamour Shots』が完成!2015年に結成されたマンチェスターの5人組ポスト・パンク・バンド、キャベッジ。無鉄砲な怒りと世界に対する不満をぶちまけるポリティカルなバンドとして話題になり、多くのライヴをこなし、リリースを重ねてきた。昨年には、アルト・ジェイやテンパー・トラップ、ブロック・パーティーらが所属する<Infectious>からEP『ジ・エクステンデッド・プレイ・オブ・クルーティー』をリリースしている。

そんな彼らによる待望のデビュー・アルバム『ニヒリスティック・グラマー・ショッツ』が、海外で3月30日(金)にリリースされることがわかった! 今作は、ザ・コーラルのリード・ヴォーカル/ギター、ジェイムズ・スケリーと、ザ・コーラルの作品を手がけたこともあるリチャード・ターヴィーによる共同プロデュースで、リヴァプールのパー・ストリート・スタジオにてレコーディングされたという。前作EPにも収録されていた楽曲「Celebration Of A Disease」は、元インダストリアル・バンド、スロッビング・グリッスルのメンバー、Cosey Fanni Tuttiが書いたポルノグラフィに関するエッセイにインスパイアされて書かれたそうで、ギター・サウンドと絶妙なツイン・ヴォーカルの1曲となっている。ライヴ・パフォーマンスにも定評があるキャベッジ、今作はそんな彼らの生々しく、自由奔放な様が伝わる作品に仕上がっているので、是非一聴してもらいたい!

リード曲「Arms Of Pleonexia」のMV公開!

同楽曲は、国際的な武器の取引をテーマにしたメッセージ性の強い歌詞にあわせるように、視聴者をどこか不安にさせるような映像に仕上がっている。メンバーは本作について次のように語っている。

「世界中で緊張状態を引き起こす武器取引や政治統制の複雑な状況が織りなす醜い光景が、我々の単純であてにならない心の目にどのように映るかを、便宜的に描いたものだ。そうした緊張は公共の治安や国家間の虚勢の張り合いだけにとどまらず、この曲やビデオに描かれているように、カルチャーにも及んでいる。このビデオでのリーとジョーは比喩的な国家として描かれている。国家組織が過剰な欲望にコントロールされた状況では、非常に有害な影響を及ぼすような決断が下されることは避けられない。武器取引に勝者はいないんだ。このビデオの登場人物の中に勝者がいないように。」

バイオグラフィー

マンチェスターの音楽シーンで、いま最もエキサイティングな5人組ポスト・パンク・バンド。2015年の結成以来、無鉄砲な怒りと世界に対する不満をぶちまけるポリティカルなバンドとして話題になり、多くのライヴをこなし、EPをリリースしてきた。2017年、アルト・ジェイやテンパー・トラップ、ブロック・パーティーらが所属する<Infectious>と契約し、ニューEP『ジ・エクステンデッド・プレイ・オブ・クルーティー』をリリース。2018年3月、待望のデビュー・アルバム『ニヒリスティック・グラマー・ショッツ』をリリース予定。メンバーは、リー・ブロードベント(Co-vocalist)、ジョー・マーティン(Co-vocalist)、スティーヴ・エヴァンズ(Bassist)、アサ・モーリー(Drummer)、オーウェン・クリフォード(Guitar)。

■リリース情報
Cabbage / Nihilistic Glamour Shots
キャベッジ「ニヒリスティック・グラマー・ショッツ」
海外発売日:2018年3月30日(金)
レーベル:BMG / Hostess

<トラックリスト>
01. Preach To The Converted
02. Arms Of Pleonexia
03. Molotov Alcopop
04. Disinfect Us
05. Postmodernist Caligula
06. Exhibit A
07. Celebration Of A Disease
08. Perdurabo
09. Gibraltar Ape
10. Obligatory Castration
11. Reptiles State Funeral
12. Subhuman 2.0