プログレに影響を受けたLA10代のガールズ・バンド Pinky Pinky が新作EP『Hot Tears』を 2/14 リリース!

Pinky Pinky

カリフォルニア注目のティーンエイジャー・ガールズ・バンド (ピンキーピンキー) が5曲入りのニューEP『Hot Tears』を Innovative Leisure から 2/14 リリース決定!先行シングル「Hot Tears」の試聴が開始されました。プログレッシブに影響を受けたという10代のメンバー、アイザベル・フィールド(18歳、ギター)、エヴァ・チャンバーズ(18歳、ベース)、アナスタシア・サンチェス(19歳、ボーカル/ドラマー)から成る3ピース。若さとは裏腹な、サイケ&ガレージなサウンドにドラム・ボーカル、アナスタシアの渋い歌声が見事にマッチします。新世代のガールズバンドの筆頭、ロンドンの Goat Girl、東京の TAWINGS に続き、LAからはこの で決まりでしょう。

収録曲でバンド初となる「Margaret」のMVが公開!

収録曲「Robber」の試聴が開始!

EPは60年代〜70年代に活躍した The Chymes や Thee Headcoatees などのガールズ・ガレージロック・バンドを彷彿とさせます。バンドは昨年同レーベルよりセルフタイトルとなるデビューEP『Pinky Pinky』をリリースしており、本作が2枚目のEPとなります。

bandcamp にてEP『Hot Tears』の全曲試聴が開始!

2017年に UCLA Radio に出演した「Ram Jam」のスタジオライブ映像