サウス・ロンドン新鋭5人組ポストパンク・バンド Shame がデビューアルバム『Songs Of Praise』を 1/12 リリース決定!

Shame

サウス・ロンドン新鋭5人組ポストパンク・バンド (シェイム) がデビューアルバム『Songs Of Praise』をUSインディーの名門 Dead Oceans から 1/12 リリース決定!先行シングル「One Rizla」のミュージックビデオを公開しました。バンドは、チャーリー・スティーン(ヴォーカル)、ショーン・コイル・スミス(ギター)、エディ・グリーン(ギター)、チャーリー・フォーブス(ドラム)、ジョシュ・ファイアンティ(ベース)による平均20歳の若き5人バンド。

2015年よりファット・ホワイト・ファミリーとともにサウス・ロンドンのブリクストンで最も盛り上がりを見せているヴェニュー、Queen’s Head を拠点に活動。ライブパフォーマンスが話題を呼び、早くからi-Dなど数多くの海外メディアからサウスロンドン・シーンを牽引する注目バンドとして取り上げられていた彼ら。また、ウォーペイントやスレイヴスのサポートにも抜擢。ピッチフォーク・フェスティバルなど海外フェスにも多数出演、今年にはデビュー前にも関わらず英シンガーソングライター、ビリー・ブラッグに招待されグラストンベリーに出演を果たしました。

そして、スロウダイヴやMitskiなどが所属する<Dead Oceans>と契約、遂に世界デビューを果たします!無理に飾ろうとするのではなく、バンドのありのままの今を切り取ったという本作。ザ・フォールやテレヴィジョン、ワイアーなどからの影響を公言するニュー・ウェーヴ/ ポスト・パンクサウンドは、荒削りながらも若いバンドにしか持ち得ない輝きを放る作品となっています!

先行シングル「Concrete」のMVが公開!

また、アルバムの発表と合わせから新曲「One Rizla」のMVが公開されています!アルバムのアートワークをそのままMVにしたいというバンドの意向から、どちらもイギリス西北部に位置するランカシャーの牧場にて撮影されています!アルバムには9月にリリースしたシングル「Concrete」など全10曲を収録する。現在 bandcamp にてフィジカルの先行予約が開始されています。

バイオグラフィー

平均年齢20歳の5人組。2015年からファット・ホワイト・ファミリーとともにサウス・ロンドンを拠点に活動し、最も注目すべきバンドとして海外メディアで話題となり、ウォーペイントやスレイヴスのサポートに抜擢される。更にはピッチフォーク・フェスティバルなど海外フェスに多数出演、今年にはデビュー前にも関わらず英シンガーソングライター、ビリー・ブラッグに招待されグラストンベリーにも出演を果たした。スロウダイヴやMitskiなどが所属する<Dead Oceans>と契約し2018年1月にデビュー・アルバム『ソング・オブ・プレイズ』をリリース予定。

■リリース情報
アーティスト : Shame(シェイム)
タイトル : Songs of Praise(ソングス・オブ・プレイズ)
レーベル : Dead Oceans / Hostess
品番: HSE-6578
発売日: 2018/1/12(金)世界同時発売
定価: 2,200円+税
※ボーナス・トラック5曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

1. Dust On Trial
2. Concrete
3. One Rizla
4. The Lick
5. Tasteless
6. Donk
7. Gold Hole
8. Friction
9. Lampoon
10. Angie
11. Dust On Trial (Live at Off The Cuff, Herne Hill) (※)
12. Concrete (Live at Off The Cuff, Herne Hill) (※)
13. The Lick (Live at Off The Cuff, Herne Hill) (※)
14. Tasteless (Live at Off The Cuff, Herne Hill) (※)
15. One Rizla (Live at Off The Cuff, Herne Hill) (※)
※日本盤ボーナストラック

Songs of Praise
Songs of Praise

posted with amazlet at 17.12.07
Shame
Dead Oceans (2018-01-12)