Tom Rogerson with Brian Eno がアルバム『Finding Shore』を Dead Oceans から 12/8 リリース決定!

Tom Rogerson with Brian Eno

英サフォーク生まれの即興演奏のピアニスト Tom Rogerson (トム・ロジャーソン) と同郷の Brian Eno (ブライアン・イーノ) がヘザーランドのすべてを想起させる珠玉のコラボレーション・アルバム『Finding Shore』を Dead Oceans から 12/8 リリース決定! (日本盤は 12/20 発売) 先行シングル「Motion in Field」の試聴が開始されました。

彼の即興音楽家としての人生は、幼き頃、まだ座ると足が床に届かないピアノのスツールによじ登って姉が弾いていたピアノを熱心に真似るところからはじまった。現在2作目となるソロ・アルバムをブライアン・イーノとのコラボレーションでリリースするにあたり、彼は自身の音楽人生がまるでその出発地点へと回帰してきたかのように感じているという。

収録曲「Idea of Order at Kyson Point」の試聴が開始!

「Cメジャーのコードを鍵盤で何度も繰り返し叩くのが大好きだったことを思い出すんだ。そしてそれは、面白いことに自分が今やっていることと同じなんだよ。あの頃の自分へと戻ったみたいなんだ。」

ニューヨークのさびれたホテルのラウンジでジャズを演奏したり、インストゥルメンタル・ノイズバンドのスリー・トラップト・タイガースでのキャリアを経て、イーノにとあるライブの後に出会い音楽製作まで至ったことはまったくの偶然だったという。どちらもサフォーク出身の同郷で、地元愛が強いことがコラボレーションのきっかけになったというふたり。スタジオでは Moog の「PianoBar」というアコースティック・ピアノの演奏をデジタル信号へ変換することのできるデバイスを使ってレコーディングを行ったという。

「それはまさにイーノのクラシックなスタイルで、ほとんど科学的な実験のようだったよ」

と、ロジャーソンは語る。

「彼は常に、クリエイティビティの源となるシステムを見つけ出すのさ」

その結果、イーノは故郷イギリス東部に広がる奇妙な平地、そのヒースランドのすべて、軍の実験基地から河口の泥地まで、様々な情景を想起させる音をロジャーソンの潜在意識の奥深くから魔法のように引き出し、アルバムへと落とし込んだ。

「ぼくには完璧にわかるんだ、音を聞いてこう思う。ああ、これはまるでウッドブリッジの鐘の音だ、これは鳥たちのさえずりで、これは葦が風でなびいているところだな、って」

と、ロジャーソンは言う。

「これは自分の音楽にも、イーノのアンビエントな作品にも浸透している部分だと思うんだ。これをオーガニックなものと呼ぶのか、はたまたエレクトロニックと定義するのか、という点はすごく面白いよね。」

イギリスの王立アカデミーで世界的な現代音楽家ハリソン・バートウィッスルに師事するなど正統派の経歴を持ちながら、古典的なコンポーザーとしての立ち位置を嫌い、型にはまらない自由な音楽を追求してきたトム・ロジャーソンと、常に未来を見据える音楽界のレジェンド、ブライアン・イーノとの珠玉のコラボレーション作品がここに誕生した。

■リリース情報
アーティスト : (トム・ロジャーソン・ウィズ・ブライアン・イーノ)
タイトル : Finding Shore(ファインディング・ショア)
レーベル : Dead Oceans / Hostess
発売日:2017/12/20(水)
品番:HSE-6546
価格:2,100円+税
※日本盤はボーナス・トラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

tracklist:
1.Idea of Order at Kyson Point
2.Motion in Field
3.On-ness
4.March Away
5.Eastern Stack
6.Minor Rift
7.The Gabbard
8.Red Slip
9.Quoit Blue
10.Marsh Chorus
11.An Iken Loop
12.Chain Home
13.Rest

Finding Shore
Finding Shore

posted with amazlet at 17.10.11
Tom Rogerson With Brian Eno
Dead Oceans (2017-12-08)
売り上げランキング: 6,916
ファインディング・ショア
トム・ロジャーソン・ウィズ・ブライアン・イーノ
Hostess Entertainment (2017-12-20)
売り上げランキング: 11,157