BONOBO 最新作よりチェット・フェイカーことニック・マーフィー参加の新曲を公開!原宿 Beams Records にてポップアップショップをオープン!

BONOBO

BONOBO いよいよ今週リリースを迎える待望の最新作よりチェット・フェイカーことニック・マーフィー参加の新曲を公開!原宿Beams Recordsにてポップアップショップをオープン!限定のトートバッグ付セットや気鋭クリエイター、ニール・クラッグの写真展示
ここでしかもらえないポストカードにも注目!

いよいよ今週リリースされるボノボ(Bonobo)の待望の最新アルバム『Migration』から、チェット・フェイカーとして知られ、昨年から本名名義での活動をスタートしたシンガー・ソングライター、ニック・マーフィーが参加した新曲「No Reason」が公開された。

Bonobo – No Reason (feat. Nick Murphy)

長年の友人であるニック・マーフィーをヴォーカリストに迎えた本楽曲は、二人がディスコに対するそれぞれの愛情を語り合ったことがきっかけだったという。ボノボが作ったインスト・トラックを聴いたニック・マーフィーが一瞬で心を奪われ、最初のセッションでデモ・ヴァージョンをレコーディング後、ニューヨークで再レコーディングしたものが完成版としてアルバムに採用されている。ボノボの Facebook ページでは、レコーディングの様子を撮影した映像も公開されている。

また最新アルバム『Migration』のリリースに合わせて、発売日から10日間、Beams Recordsでは〈Bonobo〉ポップアップショップが開催。ボノボの最新作にアートワークを披手掛ける気鋭クリエイター、ニール・クラッグの写真展示やMVも放映予定。限定のトートバッグ付セットの販売もあり、購入者は先着50名限定でポストカード・セットがもらえる。

開催日時 2017年1月13日(金)~22日(日)
場所:ビームス レコーズ(原宿)
http://www.beams.co.jp/news/232/

本作の1stシングル「Kerala」は、Spotifyのグローバルバイラルチャートで1位を獲得し、一週間で100万回の再生回数を記録(現在では450万回を突破)。公式ミュージック・ビデオもYouTubeでトレンド入りするなど話題となった。続いて公開されたライ(Rhye)参加の「Break Apart」は、本作のアートワークも手がけ、ボーズ・オブ・カナダやテーム・インパラのアートワークでも知られる気鋭クリエイター、ニール・クラッグによるミュージック・ビデオも話題となった。その他、スクリレックスのレーベル〈OWSLA〉所属のバンド、ハンドレッド・ウォーターズのニコル・ミグリス、そしてブルックリンを拠点にモロッコの伝統音楽を演奏するバンド、Innov Gnawaが参加している。

ボノボの6作目となる最新アルバム『Migration』は、2017年1月13日(金)に世界同時リリース。日本国内盤にはボーナストラックが追加収録され、解説書が封入される。現在、Apple MusicとSpotifyにて「Kerala」「Break Apart」「No Reason」が先行配信中。iTunesでは『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となり、アルバムを予約すると、公開中の3曲がいちはやくダウンロードできる。

Migration [解説付 / ボーナス・トラック収録 / 国内盤] 先着特典マグネット付き(BRC537)
Bonobo ボノボ
Beat Records/Ninja Tune (2017-01-13)
売り上げランキング: 2,025