やくしまるえつこがバイオテクノロジーを用いて制作し、音源と遺伝子組換え微生物で発表した新曲「わたしは人類」を配信リリース!

『わたしは人類』はバイオテクノロジーを用いて制作された展示映像が公開!本作は音源に加え、実際に楽曲をDNAに暗号化して組み込んだ遺伝子組換え微生物も培養・展示。また、この楽曲は本年からスタートした国際芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」のテーマソングにもなっています。バイオテクノロジーを用いて制作した楽曲を国際芸術祭のテーマソングとし、更にポップミュージックとして流通させ、微生物そのものも音楽作品として展示する、この試みは世界初となり、国内でも初めて経済産業大臣から大臣認可を受けた作品となっている。

やくしまるによる『わたしは人類』のコンセプトは「人類滅亡後の音楽」。
古来より伝達と記録によって継続されてきた人類の歴史。
そして同じく伝達と記録、また、変容と拡散の歴史の中にある音楽。
その関係性と、遺伝子とDNAとの関係性の類似に着目し、
いつか人類が滅んだとしても、新たな生命体が記録/DNAを読み解いて奏で、
歴史をつなぐことのできる音楽として『わたしは人類』は
遺伝子組換え技術を用いて制作されました。

WIRED.jp やくしまるえつこ『わたしは人類』インタビュー