ロンドンの新鋭プロデューサー patten、【Warp】から2枚目となるモダン・クラブ・サウンドを解体/再構築した新作から「Epsilon」のMVが公開!

ロンドンを拠点とする新鋭プロデューサー (パテン)、【】から2枚目(自身のキャリア通算3枚目)となるニューアルバム『Ψ』を 9/16 リリース!アルバムより「Epsilon」のミュージックビデオが公開。エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカに次ぐ才能 patten (パテン) によるトラップ、レイヴ、グライム、インダストリアルなど、ロンドンのモダン・クラブ・サウンドを解体、再構築した最先端ポップス!ギリシャ文字のΨ(読み方:プサイ、意味:様々な幻覚を指す)と名付けられた本作は、発展や崩壊の動的状態を示すものとしてジャケットに描かれている。

本作より”A”と”D”という二人体制となったパテンのサウンドは、そのトリッピーな推進力はそのままに、全体的に一新されよりシャープに研ぎ澄まされている。パテン曰く、「『Ψ』では、アトモスフィアー、音楽の幅、テクスチャーなど自分達が面白いと思ったものを抽出しているんだ。例えば、インダストリアル・ミュージックの中でもグラインディングでシティー寄りの音とか、UKダンスに脈々と受け継がれるハードコアなベース、80年代ゴス・サウンドのエモーショナルなグルーヴ、リハナに代表される現行ポップスのユニークなテッキーさ、グライムやフットワークやテクノの様なモダンなクラブ・サウンドとか、、、けど制約は一切設けず、色々な素材が自然に混ざり合うよう自由なスタンスで制作した。

まるでシノ・トラップとでも形容できそうなシノ・グライム+トラップな「Locq」で幕を開けると、緊張感溢れるグライミーなテック・ベース「Sonne」でロンドン地下最先端の片鱗を見せつけ、ゴスの要素を抽出したメランコリーなインダストリアル・トラック「Used 2 b」、”A”のヴォーカルが不穏にこだまするレイヴィーなトラップ「Blade」、今のデジタル・エイジを象徴するかのようにありとあらゆる素材に加工を施したデジタル・ダウンビート「Cache」など、ジャンルの垣根やテクノロジーの制約が崩壊した『今』の音楽シーンの流れを反映した見事な作品に仕上がっている。

Ψ (プサイ) [帯解説 / ボーナストラックDLコード付 / 特種パッケージ仕様 / 国内仕様輸入盤CD] (BRWP259)
Patten パテン
BEAT RECORDS / WARP RECORDS (2016-09-16)
売り上げランキング: 55,453