Jamie Lidell、豪華ミュージシャンを招いた至福のソウル・アルバム『Building A Beginning』を 10/12 リリース!

ジェイミー・リデル_メインA写_small

(ジェイミー・リデル) 豪華ミュージシャンを招いた至福のソウル・アルバム『Building A Beginning』を 10/12 リリース!多彩なゲスト陣を迎え、また新しく家族が加わったことによりキャリア・ベストとなるアルバムが誕生。

ナッシュビル移住後、この英国出身の歌手でプロデューサーである彼に、スティーヴィー・ワンダーとチャカ・カーンの魂に大いに感化された至福のアルバムが加わった」—THE FADER

豪華ミュージシャンを招いた至福のソウル・アルバム!

エレクトロとソウルに傾倒し、時にはその二つを掛け合わせた作品をリリースしてきたジェイミー・リデル。前々作『コンパス』ではベックをプロデューサーに迎え、チリー・ゴンザレス等が参加。前作『ジェイミー・リデル』は自身によるエレクトロとソウルを掛け合わせた万華鏡の様な作品に。そして新作は、一転、「素晴らしい曲を書くこと」をテーマに、ピノ・パラディーノ(ディアンジェロ)、パット・サンソン(ウィルコ)、デロン・ジョンソン(マイルス・デイヴィス)、ダル・ジョーンズ(ジャック・ホワイト)等、豪華ミュージシャンをスタジオに招いて制作された、彼のキャリアの中で最もソウルに傾倒した作品となった。きっかけは、作家/プロデューサーとして参加したリアン・ラ・ハヴァスの作品が今年のグラミー賞にノミネートされたことや、A-Trakと共作したシングル「We All Fall Down」がヒットしたことで、素晴らしい歌を作ることの大切さを再認識、本作はスタジオでのオーヴァー・プロダクションを避け、自身の作家性を前面に打ち出した作品となった。

収録曲「Walk Right Back」のアニメーションビデオが公開!

最もパーソナルな作品に。

全曲で彼の妻リンジーが作詞で共作、また生まれたばかりの息子ジュリアンに捧げた曲「ジュリアン」も収録されている。「僕ら家族の人生の中にあふれる活力や喜びを表現したい」という強い思いがこめられた作品となった。

参加ミュージシャン

・ピノ・パラディーノ(Bass, ディアンジェロ/ ピーター・ガブリエル)M-2, 3, 7
・ダル・ジョーンズ(Drs, ジャック・ホワイト) M-1〜7, 10, 12
・パット・サンソン(マルチ・インストゥルメンツ, ウィルコ)M-3,5,12
・デロン・ジョンソン(Key, マイルス・デイヴィス)M-4,10
・ティファニー・スミス(Backing Vocals, チャカ・カーン)M-1,2,3,6,10
・モッキー(ファイスト/ジェーン・バーキン)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

・アーティスト名:ジェイミー・リデル (Jamie Lidell)
・タイトル:ビルディング・ア・ビギニング (Building A Beginning)
・発売日:2016年10月12日(水) 日本先行発売 (海外:10/14)
・品番: TRCP-207 / 定価:2,100円(税抜)/ JAN: 4571260586109
・解説:内本順一 / 歌詞対訳付
・ボーナス・トラック2曲収録

tracklist:
1. Building A Beginning
2. Julian
3. I Live To Make You Smile
4. Find It Hard To Say
5. Me and You
6. How Did I Live Before Your Love
7. Walk Right Back (1stシングル)
8. Nothing’s Gonna Change
9. In Love And Alone
10. Motionless
11. Believe In Me
12. I Stay Inside
13. Precious Years
14. Don’t Let Me Let You
15. Love Me Please *bonus track
16. You Rewind *bonus track
Produced & arranged by Jamie Lidell

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Building A Beginning [解説 + 歌詞対訳付 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (TRCP207)
Jamie Lidell ジェイミー・リデル
Jajulin Records / Traffic (2016-10-12)